魔法の変身:ハリー・ポッター俳優たちの変身ぶり

1407
Advertisements

ハリー・ポッターとその仲間たちは、世界的現象の終結後、どのような冒険を繰り広げたのだろうか?ハリー・ポッター後の彼らの多くは、予期せぬ、そして興味をそそられる仕事への道を歩んできた。ハリー・ポッターのスターたちの人生における驚くべき変貌を目の当たりにすることは、多様で型破りな道を探る魅惑的な探求となる。

文学の分野では、ハーマイオニー・グレンジャーを演じたエマ・ワトソンは、女優としてのキャリアを続けているだけでなく、活動家や男女平等の世界にも踏み込んでいる。一方、私たちの愛するハリーを演じたダニエル・ラドクリフは、舞台とスクリーンの両方で多様な役を演じ、その多才ぶりを発揮している。

J.K.ローリング自身も、新たな著作やプロジェクトを通じて魔法の世界に貢献し続けている。ハリー・ポッターの魅力は様々な形で持続し、ファンを魅了し、オリジナルシリーズを超えた新たな物語を紡いでいる

 

パンジー・パーキンソン – スカーレット・バーン

pixabay.com

スカーレット・バーンは、『ハリー・ポッター』シリーズの脇役、パンジー・パーキンソン役を射止める前に、エンターテインメント業界でのキャリアをスタートさせた。パンジーは『ハリー・ポッターと謎のプリンス』、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1』、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』に登場した。その後、バーンは「フォーリング スカイズ」、「ランナウェイズ」、「ヴァンパイア・ダイアリーズ」、「スカイバウンド」などの有名作品でスクリーンを飾った。

現在、バーンは手彫りタトゥーの芸術を探求する短編映画『Stick and Poke』の制作に没頭している。プロとしての活動のほかにも、2019年11月に入籍したプレイボーイ帝国の後継者クーパー・ヘフナーとの間に第一子の誕生を控えている。

1 of 58

Advertisement