老女が70年間持っていた人形。彼女が亡くなったとき、警察はその中から驚くべき発見をした。

232
Advertisements

幼い頃から、マーサはフリーマーケットで見つけた人形に心を奪われ、母親に買ってくれるよう懇願した。

それ以来、彼女のそばを離れることはなかった。大人になってからも、友人や家族にからかわれながらも、彼女はそれを持ち続けた。

人形との奇妙な絆の理由が明らかになったのは、彼女が亡くなってからだった。

思いがけない捜査の結果、警察は人形の中に驚くべきものを発見し、マーサに対する認識を一変させた…。

悪名高い人形

unsplash.com

近年、マーサをよく知る人なら誰もが、彼女がいつもそばに置いていた悪名高い人形のことを知っていた。

伝説によれば、彼女は5歳のときに母親からそれを譲り受けたという。

しかし、マーサと人形が本当に切っても切れない関係になったのは晩年になってからで、その絆は彼女が亡くなるまで続いた…。

1 of 65

Advertisement