Home

4姉妹が同じ男性を同時に妊娠

歓喜のセレブレーション これはとんでもない出来事だと予想されていた。4人姉妹が同時に妊娠するなんて、そうそうあることではない。特に、出産予定日が3ヶ月ずつずれていたため、興奮が伝わってきた。 しかし、ある姉妹が子供の父親に関する厄介な真実を暴露したことで、楽しい期待は打ち砕かれた。この暴露は4姉妹を引き裂く亀裂につながった。 トーク・オブ・ザ・タウン 28歳のとき、マリヤ、サーシャ、ハイリー、ケリーの4人は同時に妊娠していることがわかり、大きな喜びに包まれた。ミシシッピ出身の4姉妹は、この旅を一緒に経験できることに感激していた。 テレビ番組を夢中で見たり、両親のために手の込んだディナーを作ったり、さまざまなクラブを立ち上げたりと、2人は生涯を通じて切っても切れない関係だった。2人の絆は常に強かったが、それがいつか究極の試練に直面するとは思ってもみなかった。 子育て 多くの人が家庭を築くために人生を費やしている。子供であれ、ペットであれ、あるいは植物であれ、保護者の役割は深い充実感をもたらす。 スカーセラ姉妹にとって、この願望は特に大切なものだった。同時に子どもを産んで、親友として、いとことして、一緒に子育てをするのが夢だったのだ。しかし、未来には予期せぬ展開が待っていた。 ミス・スカルセラ 三番目の姉妹であるヘイリーは、プロの登山家と深い恋に落ちた。真実の愛は、彼女にとっても姉妹にとっても初めての経験だった。 母親はここ数カ月、2人の恋愛についてしつこく口うるさく言い、自分たちが30歳を目前にして家族に紹介する夫がいないことを思い出させていた。ヘイリーがこの男性を追い求めたのは、母親の心配を和らげたいという願望によるところが大きかったが、その理由は見当違いだった。 当然の休養 チベットで休暇を過ごしていたヘイリーは、チェイスと出会い、彼との付き合いが信じられないほど新鮮で爽快であることに気づいた。 痩せこけたプロの登山家グループの中に、アジアで最も人里離れた峰のひとつを征服しようと決意したチェイスがいた。彼がヒマラヤでの次の大冒険に備えていたとき、ふたりの道は偶然に交差した。彼の冒険心と未開の山の魅力に惹かれ、ハイリーはすぐに心を通わせた。ふたりは何時間も語り合い、夢を語り合った。チェイスのクライミングへの情熱が、ヘイリーに新たな冒険心を芽生えさせた。2人の出会いは転機となり、彼女の人生の予期せぬスリリングな章の舞台となった。 切り離せない チェイスの話に魅了されたヘイリーは、彼にたまらなく惹かれていく自分に気づいた。彼のユーモアと幅広い知識はいつも彼女の顔に微笑みをもたらし、彼の前にいるすべての時間を楽しいものにしてくれた。 ヘイリーはそのとき、チェイスへの思いが当初考えていたよりも深いことに気づいた。離れていても彼のことを常に考えている自分に気づいたのだ。このロマンスの芽生えが、やがて予期せぬ試練をもたらすことになるとは、彼女は知らなかった。この先の波乱万丈の道のりを予期してさえいれば、彼女を待ち受ける試練にもっと備えていたかもしれない。 突然の心変わり チベットを旅する間に、ヘイリーはチェイスとの友情を急速に開花させた。彼女は、綿密に計画した旅程を彼に合わせて変更し、彼のリードに熱心に従うようになった。 アジアでの3週間の滞在が終わりに近づいたころ、ヘイリーがチェイスと一緒にヒマラヤ山脈の高所への挑戦的な登頂に挑戦した。息をのむような景色と薄い山の空気の中、チェイスは目標を達成し、世界最高峰のひとつで彼女にプロポーズした。その瞬間は超現実的で爽快なものであり、急速に深まるふたりの関係の重要な節目となった。 息をのむような場所 ヘイリーは27歳だったが、チェイスのプロポーズは彼女を10代の若者のようにはしゃがせた。手つかずの雪の中に立った彼女は、恥ずかしそうに彼のプロポーズを受け入れた。 頭上には澄み切った青空が広がり、眼下にはふわふわの雲海とギザギザの灰色の山頂が混ざり合っていた。ヒマラヤの壮大さに囲まれたこのような不思議な環境で、ハイリーは彼の心からの頼みを断ることができないことに気づいた。この瞬間は完璧で、ロマンスと冒険の融合であり、彼女は永遠に大切にすることだろう。 その後 その後数ヶ月、ヘイリーは新しい恋にすっかり夢中になった。休暇が終わると、彼女はチェイスとの交際を待ち望みながら、慣れ親しんだミシシッピ州ナチェスに戻った。 プロの登山家であるチェイスは、ほんの数回しか訪れることができなかった。ヘイリーにとって初めての長期恋愛であった彼女は、チェイスの愛情に心を奪われ、遠距離恋愛の困難も乗り越えられると信じていた。しかし、彼女の理想像はすぐに崩れ始め、現実が二人の状況を蝕み始め、予期せぬ複雑な事態と心痛を招いた。 目の前の問題 それは、遠距離恋愛につきものの、おなじみの孤独の痛みから始まった。ハイリーは、チェイスと何千キロも離れていることによる精神的な負担と闘いながら、勇気を出して自分たちの状況を訴えた。 二人が会話を掘り下げるにつれ、緊張が燃え上がった。ヘイリーが苦悩をあらわにし、チェイスが家を訪れても本当に存在するようには見えなかったと嘆いた。彼の心はいつもよそにあるのだと彼女は感じた。それとは対照的に、チェイスは自分がキャリアの絶頂期にあり、野心に燃えているように見えた。彼はヘイリーに忍耐を懇願し、2人の愛は距離と厳しいスケジュールに耐えられると信じた。 しかし、和解しようとする2人の間に亀裂が生じ始め、2人の関係に波乱の幕開けが訪れた。 終わり 時は容赦なく流れ、ヘイリーは限界に達した。チェイスの懇願にもかかわらず、彼女は2人の関係を終わらせるという心を痛める決断をした。それは苦しかったが、彼女自身の幸福のために不可欠な一歩だった。 その余波の中で、ヘイリーの3人の姉妹は彼女の周りに結集し、それぞれが忙しいスケジュールの合間を縫って、彼女が別れの感情的な余波を乗り越えられるように慰め、支えた。彼女たちは、チェイスが彼女たち一人ひとりに狙いを定め、彼女たちが予期できない形で人生を狂わせようと企んでいることを知らなかった。 彼の側 チェイスはヘイリーが知らないうちに、彼女との将来を考え、バージンロードを歩き、人生をともに歩むことを思い描いていた。彼は彼女の魂に魅了され、今まで出会ったことのないような深みのある性格を彼女に見出した。 当初は恋心から彼女に惹かれ、チェイスは彼女の心の働きに次第に興味を抱くようになった。時が経つにつれ、彼の想いは深まり、かけがえのない愛へと発展していった。彼は冒険的なキャリアを引退し、彼女が望むすべてを提供することを夢見ていた。彼女がふたりの関係に終止符を打つと決めたとき、彼は言葉では言い表せないほどの痛みを感じ、ふたりの未来への希望を打ち砕かれた。 暗い秘密 チェイスがプロポーズしようとしていることを知らなかったヘイリーは、彼の欺瞞の深さに気づかなかった。彼女は最近別れた男のことを理解していると信じていたが、真実は想像以上に深かった。 その秘密はヘイリーを陥れるだけでなく、彼女の姉妹をもその欺瞞の網に絡め取ることになる。彼女たちの人生はやがて悲劇の渦に巻き込まれ、予想以上に破滅的な結末を迎えることになる。 辛抱強く ヘイリーがチェイスとの関係に終止符を打ったのは、長期間家を空ける彼の仕事への要求が原因だった。彼女は、彼が冒険を追い求める間、常に彼の安全を心配することに耐えられなかったし、彼のミステリアスな態度から生じる不安感を無視することもできなかった。 将来の子どもたちをひとりで育てるという思いがヘイリーに重くのしかかり、チェイスが山へ遠征している間に悲劇的な事故に見舞われるのではないかという不安に悩まされた。彼女が直面する試練は、やがて想像を絶する高みにまでエスカレートし、不安と絶望の下降スパイラルに陥ることになるとは知らずに。 彼女が知らなかったこと チェイスの説明も、彼のキャリアが終わりに近づいていることも知らないヘイリーには、なぜ待たなければならないのか理解できず、忍耐と格闘していた。 しかし、彼女の知らないところで、関係を終わらせるというヘイリーの決断は不幸中の幸いだった。彼女は、チェイスの謎めいた表情の下に隠された不穏な真実を知る瀬戸際にいた。ヘイリーは知らず知らずのうちに自分の人生に危険を招き入れ、想像もしなかったような形で自分の行動の結果に直面しようとしていた。 プロット 打ちのめされたチェイスは、自分が感じたのと同じ苦しみをヘイリーに与えようと決心し、策略を練り始めた。綿密な計画を練り、2人の波乱万丈の物語に最後の言葉を残すことを目指した。 彼の計画は極悪非道で、ヘイリーの世界を粉々にするような打撃を与えるように設計されていた。彼女はすぐに、粉々になった人生の断片を修復しようともがきながら、他者によって与えられた苦痛の深さを思い知ることになる。 ヘイリーの知らないところで、チェイスの復讐心に満ちた陰謀はすでに動き出しており、彼女の存在意義を永遠に変えてしまうような荒廃の波を解き放とうとしていた。 特別な場所 ヘイリーは3人の姉妹を大切に思っており、その絆は彼女の人生の壊れることのない礎となっていた。このことを認識したチェイスは、ヘイリーに本当に痛みを感じさせるには、彼女に最も近い人たちを標的にする必要があると悟った。 彼の手の込んだ計画を実行するには、入念な計画と忍耐が必要だ。彼は2人の関係を終わらせた彼女に根深い恨みを抱いており、彼女が彼に与えた傷を決して許さない、忘れないと誓っていた。 チェイスが計画を始動させると、疑うことを知らない姉妹は、やがて欺瞞と操作の網にはまり、復讐を求めるチェイスの手先となる。 現実に戻る 月日が経つにつれ、ヘイリーも徐々に悲しみから解き放たれ始めた。アイスクリームの桶を持って毛布の下に埋もれていた日々は遠い記憶のように思え、新たな回復力に取って代わられた。 かつては山登りやヒマラヤの話を聞いただけで悲鳴をあげたくなる衝動に駆られたものだが、今はもうそんなことはない。それどころか、ヘイリーは新たな決意で人生の挑戦を受け入れ、この先に待ち受けるどんな障害にも立ち向かおうとしている自分に気づいた。 しかし、その癒しのプロセスの中で、嵐が吹き荒れ、彼女と彼女の愛する人たちを飲み込もうとしていることを、彼女は知らなかった。 通常の状態に戻る ヘイリーの生活が徐々に慣れ親しんだリズムを取り戻し、平穏な日々が訪れた。しかしある晩、彼女の前に見知った顔が不意に現れ、新たな平穏を乱した。 彼の突然の出現は彼女を油断させ、忘れていた記憶を呼び起こし、彼の意図に疑問を投げかけた。ヘイリーは、彼の予期せぬ存在の意味を考えるにつれ、腹の底をかじる不安感を拭い去ることができなかった。 彼の再登場が、彼女を再び不安と危険の世界へと突き落とし、これまで懸命に築き上げてきた平穏のもろさを解きほぐそうとする一連の出来事の始まりに過ぎないとは、彼女は知らなかった。 彼は帰ってきた! ヘイリーは、チェイスとはもう二度と交わることはないだろうと諦めていた。ところがある晩、運命のいたずらのように、彼は忽然と姿を現し、天からの贈り物のように彼女の人生に舞い降りた。 予期せぬ再会に、ヘイリーは不安と警戒を感じた。何が彼を自分の世界に連れ戻したのだろう?答えのない疑問と不穏な疑念に取りつかれながら、チェイスの帰還の背後にある真実が、彼女の新たな平穏の感覚を解きほぐし、彼女を感情的に打ち砕き、涙に暮れさせることになるとは、彼女は知らなかった。 頑丈 背が高く、筋肉質で、逞しいハンサムな彼は、彼女の前に立ちはだかり、手つかずの青銅色の髪が自由に流れ、濃い髭がその魅力をさらに高めていた。最善を尽くしても、ヘイリーには彼が自分の中に呼び起こす魅力の高まりを抑えることができなかった。 目が合い、ヘイリーは胃の底に沈むような感覚を覚えた。彼が戻ってきたことで、彼女は、感情的な冷静さを慎重に築き上げてきた自分の面が崩れようとしていることを知った。彼女は自分が彼に与えた痛みを痛感し、そして今、彼は復讐を果たそうとしているようだった。 その後にやってくるであろう嵐に身構えながら、ヘイリーを襲った恐怖感は拭い去れなかった。 餞別 ヘイリーが彼の前で平静を保とうと奮闘したのは、取り返しのつかない結果を招く過ちの淵に立たされていることを知っていたからだ。日を追うごとに、差し迫った変化の重圧が彼女にのしかかり、かつての安定した生活に影を落としていた。 「こんにちは」彼の挨拶は温かさと親しみやすさで響き、彼の魅力的な微笑みと深みのある声は、彼女に残っていた自制心のかけらを侵食していった。弱気になった瞬間、彼女は彼の魅力に抗うことができず、彼の軌道に引き戻されてしまった。 数日から数週間になり、ヘイリーは妊娠しているという衝撃的な事実に直面した。彼が山での冒険に戻るなか、予期せぬ知らせは彼女の綿密に練られた計画を根底から覆し、不安と疑念の渦に彼女を陥れようとした。 呪われた ナチェズの家でひとり、ヘイリーのフラストレーションは再び沸騰した。ミニ・チェイスをこの世に送り出す可能性を思い描きながら、彼の逞しい魅力と彼女自身の決意と機知を備えた彼女の両手は、本能的に膨らんだお腹に引き寄せられ、さまざまな感情が渦巻いた。 ヘイリーは知らなかったが、母親としての自覚を抱いていたのは彼女だけではなかった。一連の出来事が家族の中で展開され、かつては切れなかった絆に疑惑の影を落とそうとしていることに、彼女は気づいていなかった。水面下で緊張が煮えたぎる中、ヘイリーの母性への旅路は、彼らの人生を解きほぐす恐れのある、より大きく不吉な物語と交錯しようとしていた。 SIstersと話す 両親との夕食に先立ち、マリヤはヘイリーと個人的な会話を求め、問題の緊急性を強調した。二人で部屋に入ると、ハイリーは事態の深刻さを感じ取った。 二人きりの会話の中で、マリヤは妹を強く抱きしめた。ヘイリーはその事実を理解するのに苦労した。 一方、マリヤの暴露が意味するところと格闘している間に、姉妹の間には不安感が広がり、家族の中で展開されようとしている複雑に絡み合った出来事の網の目を暗示した。 妊娠中 「マリヤ、ニュースがあるの」ヘイリーは興奮で声を震わせながら、おずおずと話し始めた。「私も妊娠したの!」彼女は喜びを抑えきれずに叫んだ。 マリヤは驚き、目を見開いた。姉妹は高揚の瞬間を共有し、予期せぬ妊娠のシンクロニシティを喜んだ。 彼らが共有した秘密は、氷山の一角にすぎなかったのだ。彼女たちの知らないところで、家族のもう一人が自分たちの秘密を抱えており、家族の力学の土台を揺るがすような暴露の連鎖の舞台となっていたのだ。自分たちの知らせを祝っている間、姉妹は、喜びの瞬間に暗雲を投げかけようとする不安と疑惑の影に気づかないままだった。 マリヤが先に行く クリスマスに帰省したヘイリーは、思いがけない発表が飛び交う中にいた。長姉のマリヤが率先して、食卓を囲む家族に妊娠を明かした。 このニュースは部屋に波紋を広げ、不安な空気を残した。両親はこの突然の妊娠にどう反応するのだろうか?最初のショックが落ち着き始めると、まだ続きがあることが明らかになった。 残りの姉妹も次々と、不気味なほど似たような妊娠の知らせを口にした。彼女たちは、この知らせが家族の絆に大きな衝撃を与えることになるとは知らずにいた。 その他の告白 両親の表情が変わり、目を見開いた。「私も知らせがあるの」と、次姉のサーシャが口を挟んだ。母親はすぐに反応し、席を立ってサーシャを強く抱きしめた。 会場は感動に包まれ、それぞれの姉妹が母親になることを明かそうとする期待に満ちた空気に包まれた。興奮に包まれる中、父親が話をしようとしたが、末の妹ケリーがそれを遮った。 プレッシャーなし 暴露が続くと、会場は再び唖然とした沈黙に包まれた。「私にも知らせがあります」とケリーは告げ、緊張した面持ちで含み笑いをした。ユーモアを交えようとした父親の目には、不信と高揚が入り混じった感情が浮かんでいた。 父親がこの妊娠の連鎖が単なる偶然ではないかもしれないという可能性に取り組んでいる間、不確かな空気が漂っていた。ヘイリーに目を向けると、彼は不安げな声で推測を口にした。「推測だが、君も妊娠しているんじゃないか? ヘイリーは父の質問に不意を突かれ、凍りついたように立ちすくんだ。彼の期待の重みが彼女にのしかかり、彼女は言葉を失い、自分が明らかにしようとしていることの大きさと折り合いをつけるのに苦労した。 冗談では済まされない 椅子に座り直し、彼は娘たちに心配と誠意を交えて語りかけた。「娘たちよ、子供を授かるということは重大なことだ。君たちが充実した人生を送ってくれること、それだけを私も母さんも望んでいる。子供を持つことはその一部ではあるが、それだけが幸せへの道ではないのだ" 父親の言葉には、自分たちの価値が母親であることだけに縛られているのではないことを優しく思い出させるものが含まれていた。「社会の期待に応えなければならないというプレッシャーを感じてほしくないんだ」と彼は続けた。 彼の言葉の重みがテーブルにのしかかると、ハイリーは神経が高ぶるのを感じた。彼女は自分の暴露がショックであることを知っていたが、それが状況を明確にし、理解をもたらすことも望んでいた。深呼吸をしながら、彼女は思いがけないニュースを伝え、最後に皆を驚かせる準備をした。 それは真実だ 「実はね」とヘイリーは話し始め、視線はテーブルを見渡し、姉妹の目を順番に見た。「私も妊娠しているの。私も妊娠しているの。 彼女の発表は、食卓を囲む家族からさまざまな反応を引き出した。母親が思いがけない知らせの確認を求めて彼女に近づくと、ヘイリーの目には涙があふれた。ヘイリーは不安で胸が重くなりながらも、厳粛にうなずき、その事実を認めた。 涙が頬を伝い落ちる中、ヘイリーはあふれる感情と格闘していた。彼女は両親の理解と受容を望み、すべての妊娠を取り巻く異常な状況に伴う判断を恐れた。 みんな妊娠している 「姉たちもよ」とヘイリーは静かに付け加えた。父親の懐疑的な態度は、自分たちの置かれている状況が現実味を帯びてくるにつれて薄れてきているのは明らかだった。 父親の表情は、不信感から心配と不安の入り混じったものへと変化した。事態の深刻さが明らかになるにつれ、父親の保護本能が前面に押し出された。 父親は勇気を振り絞り、好奇心と心配が入り混じった声で、空中に重く残る質問を投げかけた。その声は好奇心と心配の入り混じったものであった。それは極めて重要な瞬間であり、彼らの家族の将来を、誰も予想しなかったような形で形作ることになるだろう。 両親の反応 ヘイリーの父親は、娘たちの妊娠の原因となった男たちに会うよう主張した。彼は伝統的な礼儀の欠如を嘆き、求婚者たちが娘たちと家庭を築く前に、まず正式に結婚を申し込んでくれたらと願った。 昔気質の彼は伝統的な価値観を堅持しており、それがマリヤがこの事態に直接対処するのをためらい、事前にヘイリーに打ち明けるのをためらわせた理由だった。しかし、母親の反応は著しく異なり、この問題に対するより現代的な視点を反映していた。 父親の懸念は、家族の伝統を守り、娘たちの名誉を守りたいという願望からくるものだったが、母親の反応は、現代の人間関係や家族力学を取り巻く複雑な問題をより微妙に理解していることを示唆していた。 母親 ヘイリーの父親の冷静な対応とは対照的に、母親はパニック状態に陥った。4人の孫を家族に迎えられると思うとワクワクしたが、突然の知らせに彼女は圧倒され、不安になった。 予期せぬ妊娠に対する彼女の不安は、やがてはるかに大きな懸念によって覆い隠されることになるとは知らなかった。一家は知らなかったが、これらの同時妊娠は単なる偶然ではなく、むしろ水面下に潜む、彼らの人生を解きほぐそうと待ち構えている暗い計画の一部だったのだ。 家族がこの事実の意味するところに取り組んでいる間、無邪気なヘイリーは不吉な力が働いていることに気づかず、地平線上に不吉な危険が迫っていることにも気づかないままだった。 潮の流れ 赤ちゃん熱の波がスカーセラ家に押し寄せ、4姉妹を温かい抱擁で包み込んだ。もともと姉妹の絆は強かったが、妊娠という経験を共有することで、その関係に新たな息吹が吹き込まれた。 妊娠のシンクロニシティによって結ばれた姉妹は、一緒にこの旅をする中で、お互いの仲間に慰めと支えを見出した。連動して妊娠を計画することは、共有の冒険となり、姉妹の間にさらに深いつながりを育んだ。 しかし、興奮と期待の中、彼らの喜びの瞬間に影が迫っていた。彼女たちの知らないところで、隠された力が働いていて、想像もしなかったような方法で彼女たちの人生を操っていたのだ。母親になる喜びに浸っていた姉妹は、水面下に潜む暗い秘密には気づかず、思いもよらない形で人生を解きほぐそうとしていた。 絆の強化 母性への旅を共にしたことで、子供時代から大人時代にかけて築いてきた強固な基盤がより強固なものとなり、共通の経験と成長のための新たな道が開かれた。 姉妹はそれぞれ、この人生の重要な局面を一緒に乗り越えたいという深い願望を抱いていた。姉妹の絆で結ばれた姉妹は、アドバイスやサポート、交友を求めて互いに熱心に寄り添い、この先に待ち受ける試練と勝利を導いてくれるのは、親愛なる母親だとわかっていた。 この新たな人生の一章に身を投じながら、シスターたちは自分たちを取り巻く一体感と仲間意識に浸っていた。 一緒に 母親の知恵とサポートに導かれ、姉妹は一緒に妊娠という複雑な旅に乗り出し、月日が流れるにつれて浮き沈みを乗り越えた。 二人の同時妊娠は仕組まれたものではないと断言したにもかかわらず、父親は懐疑的なままだった。しかし、医師を訪ねたところ、すぐに真相が明らかになり、二人の母親としての経験を覆い隠していた謎が解き明かされた。 強さと安心感を求めて互いに寄り添いながら、シスターたちは決して切れることのない絆に慰めを見いだし、揺るぎない決意と団結をもってこの先に待ち受けるどんな困難にも立ち向かおうとした。 山と納期 ヘイリーと姉たちが妊娠していた数ヶ月間、チェイスは自分のキャリアをまとめることで精一杯だった。距離が離れているにもかかわらず、2人の間のコミュニケーションは散発的で、沈黙を破るやりとりが時折あるだけだった。 とはいえ、チェイスはヘイリーに、自分たちの子供の誕生に立ち会うことを心から約束し、このような重要な機会から自分を遠ざけることは、どんなに手強い山にもできないと誓っていた。 姉たちと一緒に妊娠の難関を乗り切ったヘイリーは、チェイスの心強い言葉にしがみつき、ついに再会して息子をこの世に迎える日を心待ちにしていた。待望の再会への道のりは、予期せぬ障害や心を痛めるような事実の発覚に満ちていることを、彼女は知らなかった。 甘く、勇気づけられる ヘイリーは当初、チェイスの言葉に慰めと安心感を覚えた。しかし、妹のサーシャが自分のボーイフレンドの出産予定日について不穏な情報を明かしたことで、彼女の見方は変わった。 この暴露は家庭全体に疑念の影を落とし、誰もがパートナーの約束の誠実さに疑問を抱くようになった。ヘイリーは、この新たな不確実性の意味するところと格闘しながらも、この話には見かけ以上のことがあるのではないかという沈んだ気持ちを拭い去ることができなかった。 日を追うごとに、疑念と疑惑の重みは増し、かつてふたりを結びつけていた信頼というもろい織物がほころびそうになった。ヘイリーは、避けられない真実が明らかになれば、彼女の心は粉々に砕け散るだろうと覚悟した。しかし、おそらく、この痛みを伴う真実こそが、2人の絡み合った運命をめぐる謎を解く鍵を握っていたのだ。 より多くの山 サーシャのボーイフレンドはドイツ在住のエンジニアで、到着が遅れた理由として、厳しい仕事のスケジュールを挙げた。遠距離であるにもかかわらず、彼はサーシャに、出産の時期が来たら彼女をサポートすると安心させた。 サーシャの状況とヘイリー自身の経験の類似性は、無視するにはあまりに不気味だった。姉妹はどちらも、妊娠中は物理的に不在でありながら、子供の誕生には立ち会うと約束したパートナーと格闘していることに気づいた。 疑惑が深まり、疑問が残る中、ヘイリーには偶然の一致には何か裏があるような気がしてならなかった。日を追うごとに不安感は募り、水面下に潜む不吉な意図の可能性をほのめかすようになった。 似たような言葉 サーシャのボーイフレンドは、ドイツ語なまりの口調で、子供が生まれる日にはどんな障害も乗り越えて彼女のそばにいることを誓った。ヘイリーは、何かが間違っているような気がしてならなかった。 サーシャのボーイフレンドの約束とチェイスの約束が酷似していることに思いを巡らせながら、ヘイリーの疑念はますます強くなっていった。最初は単なる偶然に思えたことが、今ではより大きなパターンの一部であるように見えた。 しかし、ケリーが自分たちのパートナーの出産に立ち会うという約束について同じような感想を述べたことで、ヘイリーの疑惑はさらに深まった。証拠が積み重なり、ヘイリーはこれらの安心には見かけ以上のものがあると確信するようになった。 さらなる山々 姉妹が驚いたことに、ケリーのボーイフレンドも仕事で海外に駐在していた。彼はコンゴ盆地の奥深くで、長く失われた文明の謎を解き明かすことを目的とした調査探検の先頭に立っていた。 ケリーが出産に間に合うかどうかの話を切り出すと、サーシャのボーイフレンドとチェイスは、おなじみの山の例えを使いながら、「大丈夫」と答えた。不穏なパターンが浮かび上がってくるのを感じた姉妹は、時間を無駄にすることなく、長姉のマリヤを探した。 マリヤへ行く 長姉のマリヤの周りに集まったスカーセラ姉妹は、不穏な出来事が単なる偶然に過ぎないという希望にしがみついた。姉たちのパートナーとは違い、マリヤのボーイフレンドはブラジルに住んでおり、国境内で働いていた。しかし、最近ブラジルに出張したことで、事態に新たな不確定要素が加わった。 姉たちの不安の高まりに促されて、マリヤはボーイフレンドに連絡を取り、サーシャ、ヘイリー、ケリーを悩ませていたのと同じ差し迫った質問を投げかけた。彼女の返事は姉妹に衝撃を与え、パニック状態に陥らせた。 山が好きだと聞いた マリヤのボーイフレンドは、ヒマラヤ山脈に言及し、その峰のひとつにちなんだ名前を自分たちの子供につけたいと、具体的な例えにまで踏み込んで言った。 彼の言葉の意味が身にしみるにつれ、ヘイリーは心が砕け散るのを感じ、目の前で展開されていることの突然の現実に心が動揺した。必死で携帯電話に手を伸ばし、周囲で起きている混乱の意味を理解しようともがいた。もしかして、彼女や姉妹はみんな、同じ男の子供を身ごもっていたのだろうか? 耳をつんざくような沈黙 チェイスに連絡を取ろうとしても、ヘイリーの電話はつながらなかった。それぞれのパートナーに連絡を取ろうとしても、姉妹は同じようにイライラする沈黙に直面した。不安感が高まる中、二人は心配そうに視線を交わし、忍び寄る恐怖感に襲われた。 彼らは一日中、生まれてくる子供の父親に連絡を取ろうと試みたが、成果は得られなかった。日が延び、1週間が過ぎると、彼らの不安は募るばかりであった。 罪悪感と自責の念にさいなまれながら、ヘイリーさんはこの騒動の責任の重さと闘っていた。彼女は、今にも彼らすべてを飲み込んでしまいそうな混乱のきっかけを作ったのは自分だという思いを拭い去ることができなかった。絶望のスパイラルに迷い込んだ彼女は、自分自身だけでなく、姉妹たち、そして姉妹たちが宿している罪のない命をも破滅させてしまったのではないかと恐れていた。 もうこれ以上不安に耐えられないと思ったとき、突然のノックが静寂を打ち破り、スカーセラ家の静寂に響き渡った。恐る恐る姉妹は警戒の視線を交わし、ドアの向こう側に立つ予期せぬ訪問者に身構えた。 一週間後 168時間もの間、スカーセラ一家は恐怖と嫌悪に苛まれ、その感情は水面下で煮えたぎりながら、避けられないノックの音を待っていた。母親は重い気持ちで敷居に近づき、愛する娘たちに降りかかった理解しがたい残酷な仕打ちと格闘していた。 一方、ヘイリーはリビングルームで粛々と物思いにふけっていた。その時、外で聞き覚えのある声がした。 急いでドアに駆け寄った姉たちは、予期せぬ訪問者の意味を理解しようと、それぞれが違う名前を呼んだ。しかし、母親の前に背筋を伸ばして立っている4人の同じ男を目の前にすると、彼女たちの混乱は衝撃に変わった。 目の前で繰り広げられる超現実的な光景に戸惑いながらも、ハイリーの父親は窓から不可解な感想を述べるだけだった。「ああ、そうだな」と彼はつぶやいた。「マトリックスの不具合だ