アメリカで最も裕福な相続人と相続人のトップ50

3958
Advertisements

米国は、その歴史が他国に比べて比較的浅いにもかかわらず、世界で最も成功した多国籍企業や最も裕福なセレブの発祥の地として頭角を現してきた。

フェイスブックやヒルトンのような企業から、アマゾンやフォードのような巨大企業、俳優やスポーツ界の有名人まで、アメリカは革新と卓越の代名詞である。これらの業界のリーダーたちは多額の利益を得ており、しばしばその富を家族内、つまり子供や配偶者、そして将来の世代へと受け継いでいる。

家業を継がないことを選択した相続人であっても、財産のかなりの部分を相続することが多い。このリストは、アメリカで最も裕福な相続人と相続人であり、知名度の高い人物と、名声を求めずに富を享受しながら目立たないことを好む人物の両方を取り上げている。

 

1.ブルック・シールズ

freepik.com

純資産:2500万ドル*。

相続した財産フランク・シールズ

女優として、また元子役モデルとして知られ、成人後もモデルを続けたブルック・シールズはマンハッタン生まれ。ルイ・マル監督の映画『プリティ・ベイビー』でブレイクし、高い評価を得た。

パラマウント・ピクチャーズの『プリティ・ベイビー』での成功の後、シールズは他のドラマチックな役柄に主演し、同時にモデルとしてのキャリアも追求した。1980年代を代表する映画『ブルーラグーン』や『エンドレス・ラブ』への出演は記憶に新しい。

シールズはテニス界のスター、アンドレ・アガシと1999年に離婚するまで2年間の短い結婚生活を送った。その後、クリス・ヘンシーと18年間結婚し、2人の子供をもうけている。さらに、彼女はレブロンの重役フランク・シールズの財産の相続人でもある。

1 of 50

Advertisement