意外な発ガン性食品22種とリスクを減らす7種の食品

573
Advertisements

ガンは人類の生命を脅かす身近な脅威である。アメリカでは心疾患に次いで、死因原因の第2位を記している。日本でも幼少児から94歳までの年齢層において、死亡原因の第3位に入っている。日頃の食生活の改善で、そのリスクを抑えることはできるだろうか?発ガン性があると言われている食品22種と、効果的にリスクを低減すると言われている食品7種を見てみよう。

 

1. ソーセージ、ベーコン、サラミなどの加工食品

unsplash.com

忙しい朝の食卓の味方であるソーセージとベーコンだが、毎日食べるのは避けた方がいいだろう。世界保健機構(WHO)ではソーセージなどの加工肉を「グループ1」の発がん性に分類している。これは発がん性の確率において、タバコや紫外線の浴びるのと同程度に確率が高いことを意味する。加工肉に頼らないバランスの良い食事を心がけよう。

1 of 29

Advertisement