朝食:朝に食べてはいけない15の食べ物

696
Advertisements

朝食は一日の中で最も重要な食事である。このお馴染みの格言が真実であるのには、それなりの理由がある。朝食は、睡眠中に10時間絶食した体に栄養を補給する機会なのだ。

朝の食事を賢く選ぶことで、エネルギー、集中力、効率を高め、一日を元気に過ごす準備ができる!

逆に、朝食の選び方が悪いと、その場ではエネルギーが湧いても、昼過ぎには疲れて無気力になってしまう。その結果、一日の終わりまで不健康な食生活を続けることになりかねない。

あなたが毎日食べているかもしれない朝食の違反トップ15のリストを紹介します。特に15位のものには驚かされることだろう!

1.糖分の多い精製度の高いシリアル

shutterstock.com

鮮やかなパッケージの子供用シリアルは、驚くほど糖分が高いので避けた方がよいことは広く知られている。しかし、「ヘルシー」として売られている朝食用シリアルは、砂糖のパンチが強い。

とはいえ、私たちは朝食用シリアルのファンだ。全粒穀物から作られ、砂糖が添加されていなければ、朝をスタートさせるのに手軽で、シンプルで、充実感があり、栄養価の高い選択肢を提供してくれる。

人気の高いハニーナッツやパフライス、シュガーコーティングされたフレークなどのシリアルには、有名ブランドであれ市販のものであれ、砂糖がたくさん使われている。

糖分の多い朝食を摂ると、エネルギーが短時間で消費され、代謝された後、空腹感が残り、あまり良くないおやつをまた食べたくなる。

このような事態を避けるため、シリアルの栄養成分表を見て、砂糖が添加されていないことを確認しましょう。昼食まで満腹感を保つために、全粒穀物で作られ、食物繊維が豊富なものを選びましょう。味付けのために砂糖入りシロップが加えられている可能性のあるインスタント粥よりも、細切り全粒粉、無糖コーンフレーク、伝統的なオーツ麦を選ぶようにしましょう。

1 of 16

Advertisement