女性が側溝で3匹の “子猫 “を発見。これを発見した彼女は助けを求めた。

385
Advertisements

ロザリンがいつものように田舎道を散歩していると、近くの溝からかすかな鳴き声が聞こえてきた。興味をそそられた彼女は、恐る恐る端から身を乗り出しながら慎重に進むと、胸を締め付けられるような光景が目に飛び込んできた。

ニャーニャーという鳴き声に加えて、ロザリンはかすかな木の葉のざわめきと、遠くから聞こえる水のせせらぎの音を聞き分けることができるようになった。一歩一歩近づくにつれ、彼女の感覚は鋭くなり、心配は募るばかりだった。端から覗き込むと、目の前に広がる光景にロザリンの心は沈んだ。

 

子猫を探す

alamy.com

「やあ、小さな子たち」と優しくつぶやきながら、彼女は手を差し伸べ、目の前にいる3匹の子猫のうちの1匹をなだめようとした。

最初の不安とは裏腹に、子猫たちは攻撃的なそぶりを見せなかった。手入れはされていないように見えたが、その鮮やかな青い目は健康そうに輝いており、ロザリンの注意を引いた。

子猫の一匹を持ち上げようとしたとき、奇妙な出来事が彼女の意図を遮った。

1 of 63

Advertisement