母親が特別な容姿の赤ん坊を出産、医師はDNA検査に驚く

234
Advertisements

“ごめんなさい…”

pinterest.com

陣痛が始まったと感じたカレンは、すぐに夫のフランクに病院へと急かされた。彼女は2日間陣痛に耐え、ようやく出産した。しかし、新生児を見た医師は顔を曇らせ、言葉を失った。カレンは、赤ちゃんの健康のためにさまざまな検査を受ける必要があることを告げられ、検査のために連れて行かれた。数時間後、医師が戻ってきた。期待できない知らせだった……。

医師は顔を真っ赤に染め、カレンと夫のフランクと目を合わせないようにした。いつも落ち着いていた彼とは対照的だった。何が起こっているのだろうと、混乱と不安が部屋を満たした。やっとの思いで言葉を発したとき、彼の声は震えていた。「ごめんなさい…」と彼は言いよどんだ。

カレンとフランクは心配そうに視線を交わし、恐怖で心臓がドキドキしていた。緊張が走る中、二人は必死に医師の説明を待った。医師は深呼吸をし、手をわずかに震わせながら、たどたどしく不確かな言葉で状況を説明し始めた。

1 of 73

Advertisement