爪水虫に対する8つの民間療法 

0
434
Advertisement

爪水虫は爪に生じる非常に一般的な感染症です。最もよくみられる症状には、白色や黄色に変色すること、爪の表面の肥厚などがあります。治療せずに放っておくと症状が広がりやすく悪化するので、効果的に対処することが大切です。幸いなことに、不快な症状を取り除くための民間療法がいくつかあります。

1. ティーツリーオイル

shutterstock.com

ティーツリーオイルは精油であり、何世紀もの間、外用薬として一般的に利用されてきました。抗真菌作用と殺菌作用があるため、感染症に対して高い効果があります。1日2回、綿棒で患部に優しく塗布すると、すぐに効果が現れます。

2. ビネガー

pexels.com

ビネガー(お酢)は、皮膚の感染症だけでなく、消化器疾患などの内臓疾患の治療薬としても愛されてきました。ビネガーは爪水虫の症状を改善します。爪水虫に感染している足や手をビネガーと水を混ぜたものに毎日30分ほど浸してください。

Advertisement